部員紹介

 [注意]

この部員紹介には、担当者の私見と偏見が多分に含まれているため、実際とは異なる場合があります。

 

内田


54期。環境社会理工学院。合格発表とほぼ同時に入部希望を出したやる気の権化。高校時代からヒルクライムを嗜んでいた。筋肉。体格がよくロードバイクが似合うが、ジャージがダボダボでダサい。「顔が濃い」ため男女問わず他サーからの評判が良い。マウントを取るのが好き、マウンティングゴリラ。諸事情から成城の一等地に一軒家を持つ。練習などを高頻度でおこなっている。一見善良そうだが、自らの紹介文に検閲を入れてる時点でお察しである。いや、別に善良そうでもないか。くさそう
※この文章は本人による検閲済です。

文:奥居、大林、川澄、加藤<検閲:内田>

川澄


54期。情報理工学院。鈴木の中学時代からの後輩。恋愛観が崩壊している。サイコ2代目。LINEで了解の代わりに「うぃむっしゅ」と返してくる。まだロードバイクに慣れないうちに宮ヶ瀬クリテに出場した。いきなり3本ローラーを乗りこなすなど才能を開花させつつある。練習に参加するたびに速く・うまくなっており期待大だ。クライマーになる予定。小山田の小周回が好き。「レーサー入らない?」以外の日本語が喋れない。最近固定ローラーを自宅に設置して授業を受けながら練習もするらしい。

文:内田、奥居、大林、鈴木、加藤、山本

奥居


54期。生命理工学院。レーサー班の紅一点。デローザ乗り。小学生時代からレースに出ていた経験者。学連のeレースに出場した際、回線落車を喫した。実験で忙しくても毎日ローラーに乗るほどストイック。しかし忙しさのため全体練に参加できておらず、存在バーチャル説が浮上している。最近デローザ乗りの新入生が現れ、バイオものつくりで創ったクローン説も提唱されている。ストレスが溜まるとヘドバン&歌いながらローラーに乗る。クライマーだが、密かに大井埠頭練をして平地も強化している。

文:内田、山本、加藤

大林


54期。工学院。アウターしか使わない。ケイデンスは常に85以下。JIZIの実権を握っている。部室で歯磨きをしている。真面目そうに見えるが時間ギリギリに来る。部室で背もたれ付きの椅子にふんぞり返って漫画を読みながら授業を受ける。ゆっくり行くと言いながら移動で鬼引きする。そのあとの練習も鬼引きする。最近ハンドルを下げた。実は高校時代に自転車部所属だった経験者。LINEの名前が意味不明すぎるのでやはり常識人ではなさそうだ。ちなみにLINEアイコンもかなり独特。LINEに飽きたらずdiscordの名前も意味不明とjiziではもっぱらの話題である。

文:内田、奥居、山本

 

山本

53期。生命理工学系。りーほーチルドレン筆頭。チャリ部随一のツイッタラーだったが、最近その座を岡本ヤクザに奪われつつある。3月からツイッターを始めたのにすでにツイート数は1.3万を誇る。現在のツイート数は2.6万。レポートに追われながらツイートするのが日課。関わる人々の脳みそを本人たちが気づかぬうちに溶かしていく害虫的能力をもつ。被害は東工大の垣根を超え様々な大学に及んでいる。家にゴキジェットがあるので、ゴキブリが出るのでは?と思われたが、ゴキブリではなくスズメバチが出た。ゴキジェットとパーツクリーナーによって撃退された模様。エンジンの強化を諦めて機材投資に勤しんでいる。Zwiftを1ヶ月でやめた。口癖は「終わった人生」「キモチェエ〜〜!!」など.酔っ払って後輩の備蓄おやつを全部食べた.よく上野に「たいちサドル低!」と言われてはキレている。

文:加藤,鈴木、大林、内田、奥居

加藤

53期。地球惑星科学系。主将。筋肉。パーマと髭が特徴で、頭を上下ひっくり返して一致するとまで言われていたが髭はインカレ前に剃ったらしい。リアム・ギャラガーとオアシスが好き。実走の鬼。中学高校でモトクロスと水泳をしていた。今でも高校部活にOBとしてブラックな無賃労働を強いられている。よく単位を落とす。1年後期にしてGPAを1下げ、代わりにクラスを1つ昇格させた。同期の扱いに苦労していて、舐められやすいことに悩んでいる。同期からことあるごとに「くさそう」と言われる。別にくさくはない。いやくさい。後生だからロング練を連続でぶち込むの勘弁して。

文:山本、内田

上野


53期。機械系。イケボ。サイコパス。ゴキブリと同棲中。もはやゴキブリを上野と呼ぶこともある。雨が降っても傘をささない。最近トイレの天井から水が漏れている。自宅トイレにスマホを落とした。そして洗わずに使っている。彩湖でもスマホを落とした。突拍子もないサイコ発言で53期でさえもドン引きさせる。1人だけ思考がおかしい。名(迷)言を量産しがち。ケツの発音はケ↑ツ↓。初レースの白馬では1周目1位で帰ってきて東工大ギャラリーを大いに沸かしたが、2周目即座に落車した。最近のマイブームは加藤のお尻を触ること。

文:加藤、山本

鈴木


53期。情報工学系。プログラミングなど、いろいろなことに強いが、“唯一”自転車だけ弱い。別に老けているわけではないが銭湯に行くとおじさんと同化して見失う。大福みたいでかわいい。アイウエアは市民プールでおじさんが付けている水泳ゴーグルのような見た目だ。きつい練習の後は顔が伸びる。毎度、信号ダッシュを決め部員からうざがられているがやめる気がない。年齢=彼女いない歴の部員が多いレーサー班において、彼女いたことあるマウントをとってくる。しかしこれは54期に彼女持ちが現れたためできなくなってしまった。残念(棒読み)。最近おニューの中華カーボンホイールを購入したが、踏むと空転する。これをクラッチが切れるというらしい。

文:上野、山本、加藤

岡本

53期。応用化学系。本名は厄死魔流厄惡(やくしまるやくお)。ツイ廃。マリカー班。チャリ部部長たる立場を忘れ、ツーリング班をちぎることに快感を覚える剛脚ヤクザである。部のSlackに自分専用のスタンプを持つ。部会動画で突然「おおおおおお」などと叫ぶ。台パンマン。台パンの腕のしなりは部随一。自然な流れで人の背筋を凍らせるような気持ち悪い発言をするのが得意。強みは成績、弱点は母親。脚質はヒルクラ寄りでスプリンター。部室に来てはストレス発散のためマリカーをして部室棟を揺らし、パワマをしては部室棟で揺れている。うるさいときはとてもうるさく声があたり一帯に響き渡るが、大人しくなるときは主語がぼくになる。部室でうるさかったら大体こいつのせいです。新聞部、jizi、1食をはじめとする皆様ごめんなさい。

文:鈴木、加藤、山本

小林

52期。機械系。ヒョロガリ。最近の口癖は「俺教習所だから」。ブラックバイトで働いているがブラックだと気づいていない。ホイールが欲しいあまりに「このラチェット音上品だね」などと発言することもある。パパ活(実父)をしているのでよくプレゼントを貰う。自分のフォームを見て「俺でかくない?(鼻高々)」と自慢してくる。喋り方がかわいく癒やされる。

 

萩原

52期。電気電子系。このHPの創設者。パイソンを使って、過去の先輩たちの功績をこのHPに移行することに成功した。受験期にツールを見ていたほどのロードレース好きであり、サガンに憧れて入部した。入部してから4キロの減量をした。口癖は「外走るよりローラーが良い。」

宮本

52期。機械系。なぜか速い。練習の前に練習してくる。自主練で都民の森に行ったりする。千切れても千切れても復活するし、そもそも千切れない。合宿初日で落車してヘルメットを割った。なんかたまに普通の人じゃない発言をする。冗談を言っているときの喋り方と笑顔がキュート。

文:玉置、吉田、小島、加藤

52期。機械系。中日ファン。スマブラでピカチュウを使って害悪プレイをしてくる。スマホゲーをいつもやっていて、ガチャが外れると発狂する。40回もリセマラしたのにプロセカをやめた。ハチナイとなんjが趣味。スマホ1台では足りなくなったらしく、最近3台持ちになった。走りは、その軽さゆえに登りが速いが、インターバルがかかると即死する。Zwiftでかなりきついメニューもちゃんとやりきるので、見た目を裏切る忍耐力があるようだ。53期に完全に舐められている。どれくらい舐められているかというと、「おいりーほー!」と呼ばれるくらいである。

文:玉置、萩原、李

 

吉田

51期。生命理工学系。麻雀がうまい。点数とか全部計算してくれるので一緒に打つと全然得点を覚えない。基本無表情で、「今日の練習つらかったね(真顔)」とか言うので冗談かどうかわからない。チョコレートが好きらしい。あまり見ることはないがちゃっかり練習している。都民の森に行くとパンクする。

文:萩原

小島

51期。機械系。どんな道でも普通に速い。練習はしているのに日記を書かない。黄色いcannondaleに乗っていて、黄色がイメージカラー。自転車のメンテをしない。東海オンエアが好き。ゲームが好き。特に変な特徴はない。

文:萩原

玉置


51期。機械系。主将。2018年は色々なレースに出たが、落車、体調不良などでほとんど完走できていない。一年でヘルメットを3つ割った。見てる方がレースに出たくなくなるほど落車しているのに、本人は依然としてやる気がある。聞くと大体なんでも答えてくれる。アルミフレームが好き。料理が上手で、毎日手作りの弁当を持ってきている。

文: 萩原、李

青山


51期。情報工学系。ゲーマー。月曜から夜ふかしに2回出た。ゲーム中一人で叫び続ける。部室のテレビの左のソファが定位置であり、常にそこにいる。生活が崩壊しており、食事は白米、生卵、納豆、プロテインから構成されている。部随一のクライマーであり、登らせると誰も追随できない。常に金欠であり、部費が払えなかったり、クレカを止められたりした。一攫千金を狙い、宝くじをよく買う。名言は「宝くじ、当たるか、当たらないか、確率は1/2だ。」

文:玉置、吉田、小島、山本

堀口


51期。応用化学系。アニメが大好き。特に女の子がたくさん出てくるアニメが好きであり、キャラのジャージまで持っている。よく単位を落とすが、専門科目は落とさない。高校から自転車をやっており、生粋のスプリンターである。大食いであり、辛い物が好きである。からさに対する感覚がなく、ココイチのカレーについて、「7辛までは美味しいが、それ以上は苦い」と言っている。

文:玉置、吉田、小島

 

近藤


50期。機械系。レーサー班唯一のドラマー。チャリ部麻雀最強。チャリ部お酒最弱。お酒を飲むと赤ちゃんみたいになる。カーボンと縁がないらしく、フレームを1本、ホイールを1セット破壊している。Bossのクラフトコーヒーをいつも飲んでいて、ボトルホルダーにも入れている。むしろBossのコーヒーを近藤さんと呼ぶこともある。

文:玉置、吉田、小島、萩原