7/2 加藤 フロントトリプル化

今日は4限後がっつり勉強してそのあと夜がっつり乗る予定だったが、朝の通学で色々あって落車してアウターのチェーンリングが歪んで、ハンドルも左の下ハン部分が外側にグニャリ。放課後をハンドル交換とクランク交換に費やして台無し。ハンドルは玉置さんが手放したものをいただき、クランクは堀口さんのアルテグラをお借りした。🙇
T氏に報告したらなんとクランクをくれた!!生き仏か…😭しかも3段シフト。これまで2速用スプロケに3段用ディレイラーを使っていたが、これでディレイラーとクランクが対応した。自分のバイクに使えないパーツまでストックしてあるT氏はいったい…。
その後少し試走してみた。1.5km程の周回を少し。ギア比はインナー:ミドル:アウターが30:39:50。ミドルがめちゃくちゃ良かった。高速巡航からきつい登りまでこなせそう。でも、3段変速、ネットでは散々叩かれてましたが😭
・叩かれてる理由とそれに対する自分の考え
1○変速回数の増加←もともとシフトが硬すぎてめんどくさいから長尾台とか小山田とかよみらんとか全部アウターしか使ってないし、奥多摩とかの長い坂はむしろインナーとアウターでギアチェンするよりミドル固定で行けそうだから、わたしにはトリプルがあってると信じる
2○重量が増える←トレーニングになる
3○実際に使えるギアが増えるわけではない←同じ軽さでもフロントのギア比が違うと感覚も変わるし机上の空論ですよ(個人の偏見による)
4○チェーンリングが1枚増えるとそのぶん足の幅が広くなってしまう←気になりませんでした。そもそも2速用も自分のつけてる型のソラは同じくらい広かったのかも。堀口さんのアルテグラは僕のつけてた2段用ソラに比べてだいぶ狭くてスリムな印象だった。帰り道、確かに踏みやすかったかも。
まぁ、これからしばらくこの仕様で乗って行こうと思う。リアのスプロケのローは34Tなので、インナーロー(30-34)は超絶軽かったw