・kondo・hagihara・kojima・Horiguchi・lee・aoyama・miyamoto・kobayashi・tama

  恩方1.5+和田峠1
  つるつる温泉の予定を急遽変更。つるつる温泉へのこだわりがあるわけではないけど、いつになったらいけるのだろう…。
  最近の自分の調子の悪さに加えて、今日は暑さによる体調不良+ハンガーノック気味で、割と本気で死にそうだった。暑さに関してはみんな同じようで、絶好調というメンツはいなかった。メンバーは自分玉置小島堀口李小林宮本アラン。
  調子が悪いのが顕著に出るのが登りだった。というかむしろ登り以外は普通に走れた。恩方の登り区間に入った瞬間にパワーと心拍のバランスがグチャグチャになっていた。クソキツイのに心拍120くらいで、心臓あたりに痛みがあったり、100Wくらいなのに190bpm↑だったり。と思ったら5bpm/秒くらいのペースで心拍下がったり。道のわからない一年たちの道案内のために後ろに下がったが、実際は本当にキツかったところもある。
  二度の恩方登りを終えて和田峠へ。このアプローチも大したペースじゃなかったけどしんどかった。気づいたら牽いてたし。峠の前に一時停止しようと思ったら、ノンストップゴーのムードになってしまい、死を覚悟。1キロくらいでハンガーノック気味になり、「(自分)DNF(します)」とラインを送ったが、森に阻まれて圏外。メッセージ送るには開けたところまで登るしかねぇ(下ればいいのにそんな頭すら働かない)と思い、少しずつ登る。途中降りて来た玉置にサポートされながらもなんとか一本完了。
  しっかり追い込めたのはこの和田峠とそこからファミマまでの緩い下りの単独ブリッジ、それから帰りの向かい風の牽き。帰宅した今も頭が痛いし、ここ2年60±1kgだった体重が58.1まで落ちてた。人から貰ってまで水飲んだのに脱水ぽい症状。
  唯一良かったことは、久しぶりに求めていた疲労感を感じられたこと。
  dst92km TSS250 NP170W
  kondo
  
  
  くそ辛かった。恩方ではいい感じで走れて練習になるなぁとか思っていたら和田峠でそんな余裕も潰された。長すぎません?あの坂。終わりが全く見えないので、一度足をついてしまうと、再び乗る気になれず、途中とても優しいおっちゃんがもう少しだよ!と発破をかけてくれなかったら歩きでフィニッシュしていたかもしれない。ありがとうおっちゃん。登りも辛かったが、下りも体の色んなところが痛いし、ブレーキ強めにかけないといけないので大変だった。帰りはふらふらになりながら先輩にひいてもらって帰った。前と左右からはごうごう吹いてくるのに、頑なに後ろからは吹いてこない風には閉口した。無心で自転車をこいでいたが、多分ハンガーノックになりかけてたんじゃないかと思う。最近パーツが壊れることが多くて、今日はサドルバック(支持部が裂けた)とクリート、昨日はケイデンスセンサーとボトルケージというように色々壊してる。あと充電し忘れたせいでサイコンの電池がきれて、途中までしか記録できなかったのは残念。色々反省点の多い練習だった。
  hagihara
  
  朝起きた時点で金曜の筋トレの筋肉痛&寝不足で自走からまったく力が出なかった。練習始まってからも足が重く、日野バイパスのちょっとした登りで千切れてしまった。さらに登りの途中でチェーン落ち。完全にメンタルが終わった。チェーンウォッチャーも入念に整備してたはずだったのに。そのあとは恩方まで独りで走った。恩方の登りも一瞬で千切れたし和田峠は始まってすぐ限界を感じたので引き返した。
  帰りはモチベも脚もなかったので自分のペースで走った。
  dst157km,TSS483,NP173W
  TSSがヤベーことになってるし飲んだ水の量も5L超えたし暑かったしめっちゃハードだった。
  あとチェーン落ち対策、フレーム付属のチェーンウォッチャーが全く役に立たないのでなにか金属のやつを買います。インナーチェーンリングも曲がってるんで交換します。
  horiguchi
  
  
  ツールド美ヶ原
  詳細はレース情報のレースレポート
  aoyama
  
  恩方の登りを2回やったあと、和田峠に行った。和田峠は玉置先輩のアドバイス通り前半の比較的緩やかなところでもインナーローで足を使わないようにして、足をつかないで登りきることを第一目標にした。後半に入ると斜度が10%以上に固定されて、インナーローでもダンシングじゃないと回せないところもあったがなんとか登りきることができた。タイムを気にする余裕は全くなかったが、目標は達成できたのでよかったと思う。
  今日は疲れが溜まっていない状態で迎えられたので、いつもより足が軽かった。しかし、前もあった左膝の裏の痛みが再発して辛かった。原因はクリートの位置が少しずつずれてきてしまっていたことだと思う。
  帰りは疲れ、膝の痛み、強風と揃ってとても苦しかった。dst131.7km
  kobayashi
  
  恩方2本と和田峠1本
  昨日しっかりカーボロードしたが、し過ぎたのか体が重かった(というより今週続いていた不調が残ってた)。
  恩方は小島と競ったがいつも15mくらい差をつけられた。短い激坂への対策をなんとかしたい。2本目はパワーメーターを見ながらのマイペース走法して、進路を譲ったら宮本が抜いてって驚いた。
  和田峠はログ見たら18分切ってた。17:56。体が動いていない感じがしたのにタイム更新してて不思議。
  帰りは途中でメガネ屋を通り過ぎ、最初に出たのに一番遅くなってしまった。宮本は足がありそうだったので、かなり全力で巡航した。
  是政からはゾンビアランとゾンビ李を連れて帰ったのでほぼ回復走で、帰った頃には体力が回復してた。
  なんだかんだ100キロ近く引いたのでTSS278。
  p.s.青山おめでとう。
  tamaoki
  
  恩方×1.5 和田峠1
  恩方1本目は2回追い上げをしたせいか足に力が入らなかった、2本目は途中で先に行っていいよと言わればか正直に先にいったら途中でたれてしまい抜かれた。和田峠は足をつかないことだけを意識した、終わりが分からず何度か足を止めようかと思ったがなんとか最後まで足を止めずに登れた。帰りは全部ひいてもらった。dst105km
  miyamoto
  
  恩方1.5 和田峠1
  全体的に課題がたくさん見つかった練習だった
  恩方ではスプリント区間で全てちぎられ、登りで追いつこうと思ったが追いつけなかった
  スプリントが遅い原因は自転車のサイズやギア、自分の踏み方など色々原因があると思う。それを1つずつ改善していくことでみんなについていけるようなスプリントができるようになると思う
  和田峠では、和田峠に行く前に足がつってしまい一旦トレインからちぎれて足のつりを治しながら1人で追いかけ丁度追いついた所が和田峠のスタートの場所だった。和田峠ではゴールが全く見えず、途中で足を何回かついてしまった。次に登る時には足をつかず、いいタイムが出せるようにしたい。
  この練習で先輩方に言われたことをしっかりと実践してより速くなれるように練習していきたいと感じた。
  lee
  
  恩方1.5 和田峠1
  距離は普通だったけど、めちゃくちゃ辛い1日だった。和田峠1本しか登ってないのに、体力全部持ってかれた。和田峠タイム測り忘れたけど、遅かったのは間違いない。久しぶりに宮本と走ったら、かなり速くなっててビビった。夏休み明けくらいから抜かれそうで怖いや。