・G,satake・j.sawada・takeda

  合宿の模様をまとめておく。
  ・初日
  GWのときは膝痛で走れなかった大周回と小周回を確認。久々だったけど結構乗れて安心。
  ・二日目
  グループ2と3の連合で。大ペース2レース1。
  ペース走の二周目の途中で千切れてそこから一人旅。トンネル前の坂?で、急に脚にきて踏めなくなった。畜生。
  垂れ方がひどすぎて午後練は参加できず。千切れてからも垂れずにそれなりのペースで走る心意気でいこう。
  ・三日目
  グループ3で大ペース2レース1。
  グループ3ということもあり、レースまで付いて行ってレースも上位を獲る気満々で。
  ペースは淡々と耐える。レース走はまさかの千切れ。悔し過ぎた。
  午後は小周回を一周。帰り道は楽しかった。自転車競技やって良かったと思えたぐらい楽しかった。
  ・四日目
  午後からフラワーライン。ペースじゃなくてレースにすりゃよかったかも。
  風に耐えた。
  ・五日目
  大レース1。トップ獲ろうと思ってたのだけども、千切れた。
  もっと慎重に行くべきだった。トンネル前から逃げてそのまま逃げきれず垂れた。
  ・ん
  全日程で千切れた。
  八割くらいの力を出し続ける?ような走り方ができない。しかも、その八割が他の人にとっても八割くらいじゃないと駄目。
  今まで持久力ばかり気にしていたけど、パワーも全然足りてない。つまるところ、全体的に貧しい。
  この合宿で速い人はたくさんいることがわかった。そういう人たちと張り合いたい。
  これは、態度を改めて練習するしかない。やる。
  G,satake
  
  合宿最終日
  道の駅まで車運んで、そこから大2周
  今日はG1で。と、いってもアタッカーがいなかったのでかなり平穏なペースだったらしい。
  でも、ダム坂でかなり3つくらいに別れた集団の最後尾になり、激坂の最初らへんで置いてかれてしまった。
  やっぱりG1とは脚が違うなと実感。ただ、インカレ完走への分かれ道はG1とG2だと思うので、やはりこのG1の人たちとやりあえるくらい走れるようにならないと厳しいかなと。
  
  5日間の合宿お疲れ様でした。楽しかったです。
  幹事の筑波大児玉くんありがとう!参加した他大の皆様もありがとうございました。
  
  距離 (キロメートル):59.54
  エネルギー (kJ):1044
  獲得標高 (メートル):395
  
  sawada
  
  BBが完全に死亡。クランクがガタつく。クランク先端で2mmほどのガタ。横ブレというのか。
  チェーンリングがまっすぐ回らないため、いきなりインナーに落ちたり。
  いつぞやビニール紐を後輪に巻き込んだ時にディレラーハンガーがゆがんだのか、若干リアの変速も不調に。
  道の駅でゆったり待っていた。本当に惨めだった。
  合宿を通して走りたくても走れないくて悔しい思いをすることが多かった。
  それでも楽しかったし、これから走ることで悔しさを埋めよう。
  幹事の児玉さん、車を出してくれた澤田さん、参加者、鴨川青年の家の皆様、ありがとうございました。
  GWも来たいです。
  帰宅後、セキヤでBB購入しました。
  takeda