・takeda・G,satake・j.sawada・myamada

  道志へロング。澤田さん、佐竹と。
  最初はそこまで足が重くなかったものの、尾根幹終わりがけには足の重さを感じるようになった。
  道志道に入りだんだんいやな予感。そこそこ早め程度の速度についていくのがやっと。山伏の手前の道の駅で待ってようかなと思ったが、もう一頑張り!と二人の後を追う。
  道の駅とトンネルの真ん中くらいまでは着いていけてたかなぁ・・・。そこからが地獄でした。たぶん筋グリコーゲンが切れたのだろうと。
  いつもの踏んでるギアが踏めない。90か100程度までケイデンスを上げても、二人のペース(ゆっくりめ)について行くのがやっと。まぁ数分しか持たない。ダンシングは1分持つか持たないかで、終わるとしばらく足が重い。
  まぁそんなこんなで、頂上から引き返してきた二人の後ろについて行き下山。
  眠い、というより意識が危なかったのではないかというレベルでのダウンヒル。コンビニまでの一時間くらいのはずだが、その間のことがしっかりと思い出せない。記憶の断片はあるのだが、それをつなげても5分10分にしかならない気がする。結果として事故らなかったが、今度からは先に帰ってもらって自分はゆっくり下山しよう。てか、山伏に上らないで待ってればいくらかマシになったはず。
  道志の入り口からの帰りでも、先頭から遅れてペースを落とさせたり、迷惑をかけっぱなしだった。前日に少し足を使いすぎた結果、ただでさえ貧弱な持久力が大変なことになってしまった。
  もっとがんばりたい。
  takeda
  
  久々の集合練。
  やっぱ自転車で山行くの楽しい。それを思い出した練習だった。
  どの程度の防寒対策ならいいのかもわかったし、かなり有意義だった。
  クリテも出る。ちゃんと練習する。
  G,satake
  
  大学、矢野口、尾根幹、津久井、山伏峠、津久井、野猿、大学
  佐竹武田と三人で。はじめはLSD(と、いう名の気持ち軽めのロング練)のつもりだったんだけど、道志では佐竹がガンガンペース上げるので、ただのガチ練になった。
  武田は疲れがたまってたらしく辛そうだった。
  佐竹には山伏で最後は数十mスプリントで突き放したけど、あそこまで付いてこられてびびった。お互いかなり疲労してたけど
  しかも、佐竹はゴール知らなかったわけだし
  帰りは野猿使ってサイクリングペースで。
  明日の練習大丈夫かなというほど疲れた。
  道志みち 29.46km-75:44,209w
  山伏峠 2.76km,10:07,261w
  sawada 182.28km,3518kJ
  >takeda
  下りがそんな状況であったならちゃんと言って。事故ってからでは遅い
  
  1分ダッシュ,オンザローラー.
  自動車で自転車運んで実施,自転車趣味ってエコではない.
  超雪降ってきた,ブリザード...
  myamada