・Tanaka・karako・myamada

  マシン・流し。
  当然のように、乳酸まみれだった。
  
  TTTは、澤田・唐子のアクシデント。
  不完全燃焼で二人ローテ。
  そして、最後の最後で、自らの(人生初)ハンガーノックによるブレーキ。
  ベストを尽くせたとは言い難い内容だった。
  
  僕たちは、もっと上の次元で戦えるチームだったと、今でも信じている。
  それだけに悔しさは大きいが、TTTに出てみなければ、分からないものが得られたとも強く思う。
  今回のTTTの経験は、自分や、東工大チームの成長につながるはず。
  Tanaka 45min
  
  TTTはかつて無いほど、自分の無力さを思い知らされました。
  自分のせいで台無しにしてしまいました。
  力を発揮できなかったのは、結局、覚悟が足りなかったということなのだと思います。
  謝っても仕方ないですが、みなさんすみませんでした。
  まだいろんなところが痛く、満身創痍です。頭の整理も出来ていません。
  頭の中は悔しさと情けなさでいっぱいです。
  気持ちを前に向けないといけない。
  karako
  
  
  ボーダーライン手前まで
  26km位,1h02m位,クロスにて.
  ちょっと踏んだら速くなった,8時前後の土手は暗い割には人がいて怖い.
  やっぱもう少し遅く乗るか...
  myamada