・sugita・karako・Tanaka・Piwan・myamada・o.mura

  TTT練習.田中,唐子,澤田,杉田の4人.take iは河口湖でもがいてるはず.
  最初は30sec allで回していたが,途中から田中,杉田長めで.
  42km/hくらいだと速度が安定する.それ以上あげるとぶれやすくなる.
  ローテは中々うまくなってきたんじゃないかと思う.
  4周した後,折り返し練習.来週のTTTは折り返しが20回近くあるので.これが難しい.
  1列で入ると先頭と最後尾が離れてしまうし,横並びになるほど走路は広くない.
  2列で2人目と3人目の間をあける方法に落ち着いたが,これでいいのかなぁ.
  sugita 125km
  
  TTT練習。
  昨日よりは少しマシになったが、今日も調子が悪かった。全然力強くペダリングできない。
  足引っ張って申し訳ないです。レース前で体調管理が出来てないのは最低です。何とかしたい。
  ところで、軽く本番をイメージしてみて、ちょっと思ったのですが、今回のチームTTは、片道2.2km。
  つまり、想定の42‾43km/hくらいで行くとすると、片道のラップが180と数秒になりますよね。
  それって、5人だとちょうど一周ローテが回るぐらいだと思います。
  ということは、やろうとすれば序盤は、Uターンに突入するときの順番を固定できるのではないか、と。48
  まあ、それによるメリットが大きいかどうかはよくわからないですが、想定してなくて、偶然ローテが偏ってしまう、
  ということになるかもしれないので、一応事前に決めておいたほうがいいような気がします。
  karako
  
  同じくTTT。
  今日は、ペースが安定するように、できるだけ声をかけてみようと思ってやりました。
  出来ていたかどうかは、わかりませんが。。
  本番では、的確な指示が出せるようにしたい。
  チーム的には、先週からの練習もあってか、(特に後半)安定したローテが出来ていたと思います。
  
  karakoの指摘ですが、5人で180secでは想定より、少し長めのローテになりますね。
  下手に、片道周期ローテに陥れば、無駄に疲労を溜めかねないと思います。
  また確認しよう。
  Tanaka
  
  P。トンネル後〜*6か7。
  結局一か月以上人と練習せずにレース参加になりそう。。
  しかもその間ピストのみ。
  先日の健康診断の結果白血球が少なくて要注意だった。
  ヘマトクリット値も平凡。
  Piwan
  
  
  なぞの細菌感染により1週間以上棒に振った.
  明日の血液検査にて終了の予定,だが自転車乗れるか,点滴3回は伊達じゃない...
  というわけで,ニューフレームのポジションだしなどしながら家のなかでフラフラしてた.
  うーん,ギリギリ,ポジションが「出ない!」ぐはー.
  ハンドル1cm高いで妥協するしかない感じ,15度とかの水平ステム使用の一択,当然スペーサーは無し.
  むかーしに聞いた外車のうわさ通りでした,小さいサイズは特に難しいって.
  480のスローピングで,トップが520位なんだけど,何じゃこりゃのヘッドチューブ長.
  コレに適当にスペーサー入れて6度とかのステム使うって,外人はこのフレームにどんな長さのピラー合わすのさ!
  ちなみに私の昔風のフレームサイズはシート510,トップ520でステムが90mm位す(トップチューブ長で合わせて新フレーム買った).
  日本車と外車,こんなに違うとは思わなかった,ヘッドチューブ切削したいー.
  いくら日本人の体型が変わってきたとはいえ,
  た,ぶ,ん,初めての一台を自分で輸入する,とかだとメッチャメチャなポジションになるよ,コレ.
  そいや,o.muraさん,前下がりステム入れてましたね(前下がりステムの使用も検討中でっす).
  (12/2追加)↓レスThanx!
  myamada
  
  560のサイズでもヘッドチューブ長いです。
  スペーサーは当然薄いのに替えて、ステムも前下がり67度、しかも130mm。
  前屈の体がやわらかいからできるんだと思うけど。
  自転車買うのは難しいですね。
  o.mura