・take i・iwan・Tanaka・sugita

  東工6人、駒澤が3人、明星が2人の計11人という大人数での練習。
  家を出てくるときにまだ雪が残っていたので反対したのに、我々一行は宮が瀬に行くことに。
  行ってみると案の定雪だらけ。道路は走れるものの、そこかしこに水たまりがありました。
  イワンさんは3周したかったみたいですが、上述の通りだったため2周。
  「1周目はゆっくり」みたいな話があったにもかかわらずなかなかのハイスピード。
  登りでトップ集団からちぎれて穂刈さんと二人で走り、1周目が終わったところで後続を待つ。
  二周目は、はじめの橋を渡ってすぐの登りでちぎれたものの、集団が信号待ちをしていたためにいったん復帰。
  その後すぐにちぎれ、唐子君と高田君の三人で追いかけて、再び信号待ちをしていたところに追いつく。
  1周目同様登りで後れ、石川さんの後方を走って追いかけます。
  登りきったところのトンネルで追いつき、石川さんの後ろについてそのまま走りました。
  最後の登りで飛び出してゴール。汚い勝ち方ですね。
  練習後に体脂肪率が高いと言われてしまいました。以後気をつけます…。
  三寒四温な今日この頃
  take i
  
  武井と同じく。武井は遠出嫌いですか?
  自分が3周やろうと言い出したにも関わらず既に脚が終わっていた。情けない。
  1周目は最後の登りまでみんなで回し、そっから田中がゴリゴリ登るので追う。
  ちぎれそうだった。
  2周目はみんな待ってスタート。
  最初の丘でアタックする余裕なし。最後に備える。
  で最後の登りでアタックするもキレなし。
  田中とトンネル前登りスプリントをかろうじて制す。
  ゴールはいちおうスタート地点までなんですね。
  明日・明後日も乗ってあとは超・超回復して合宿に臨む予定。
  中村さんがあまり乗ってないのに強かった。
  
  合宿中の夜はまさかの「課題」をやらなければならないかもしれない。
  iwan
  
  
  今日こそは、岩本さんに立ちはだかろうとしたけれど
  やっぱりダメだった。
  コンディションは圧倒的に僕のほうが良いはずなのにね。
  マイッタ。マイッタ。
  今日は完全に、限界突破しました。
  合宿ではこんなのが3日続くと思うと、気が遠くなる。。。
  
  膝・腰が同時に痛んできているのが気になる。
  特に、膝痛はいただけないヨ。
  152km Tanaka
  
  
  宮が瀬までの道、宮が瀬周回どれをとってもまともについていけず。
  気付くと前の人と間ができてしまっていて、埋めようとしても間に合わない。ということが多々。
  どうしたらいいんでしょうか。単純に脚力が足りないだけ?
  1周目はのぼりでちぎれて、2周目は最初の方の下りでちぎれた。
  下りでちぎれるのはなんでだろうか。こないだの落車以降、下りで無意識にスピード殺してる感は否めない。
  帰りは家まで自走。地図ないので標識頼りに走りました。割と距離あった。
  
  プロジェクト大詰めで合宿参加できないけど、朝とか時間見つけて乗ろうと思います。
  合宿中もココに書いてもらえると僕のモチベもあがりますので、みなさんよろしく。
  
  155km sugita