・myamada

20080104.JPG   ネタです.
  訳有って小径のホークが欲しくてお世話になっている師匠に詰めてもらいました.
  ロウ付け前の段取り,盛りの削り,塗装は自分で.
  寸法出てて成功.
  自前のバーナーでエンド取ろうしましたがどうやってもダメ,サンソの火力すげえ,欲しい.
  トレンドはアルミや樹脂へ変わりましたがスチール製のバイクもいいものです.
  100年の歴史が作った定番のパイプ径,パイプ厚のディメンションは適度に「しなる」やさしいフレームとなります.
  長い歴史はバカにはできません,しなるのに長寿命ってのは他に無いよ.直せるし.
  オマケでロードエンドは簡単に固定ギアにできるし.
  最近なんでストドロエンドなの?
  昨今のアルミ→樹脂への変化はアルミだとガチガチのフレームしか作れない(しなるフレーム作ると疲労で壊れる)ことも一因だと私は思いますが,
  だとすればスチールも見直されてよいと思います.
  myamada