・abb

20080103.jpg   埼玉を出発、湘南大橋経由で箱根駅伝7区ラスト2kmあたりで観戦.
  選手経過30分以上前から沿道に途切れることのない観客の姿.
  トップで通過したのは早稲田、観客の声援を受け快調に進む.
  次は着実な走りの駒沢「差が詰まってないぞ!」、監督車のスピーカーから焦りが伝わる.
  3位は、東海大佐藤選手、区間新を出した走りを目の当たりに.
  選手たちの苦しくも前を見据える表情.
  ぎりぎりまで絞られた体.
  監督車からの叱咤激励と観客の声援.
  観戦の後、高ぶる気持ちを箱根の峠にぶつける・・・
  が、最高心拍182bpmでのヘロヘロ、 今の時期それ以上は体が対応しない.
  195km,8.5h(観戦時間除く)/abb.