・andeu・タカシナ・abb

  駒沢の石川君ホカリ君と藤井木下で大垂水.
  まあ調子はいいようだ.
  ただ量が少ないかな.集合前にちょっとダッシュ練だな.
  1年生2人が転んでしまった.
  しばらくは下りでは1年生先頭にさせちゃだめだ.気をつけよう.
  135km andeu
  
  だいぶ首の調子がよくなったので様子見に海岸線をながしてみた。
  首は大丈夫だけど足がすごく痛い。クリート調整してみよう。
  20km タカシナ
  
  静岡県国体予選会に出てきました。
  結果、沈没。悔しいね。
  予選会は、国体種目と同じ種目が行われ、各1位のみが国体選手として選ばれる。優勝以外、来た意味がないと。種目は、スプリント・1kmTT・ケイリン・4km速度競争・ポイントレースの5種目。1kmTTは全員計測、申し込んだのは、4km速度とポイント、計3種目。
  1kmは、1分14秒くらい。3月は19秒-4月は17秒、少しずつ上がってきてる。
  
  4速は、半分くらいで4人に絞られる。事前情報で、2人はスプリンターだと聞いていたから、4人でのスプリント勝負は避けたい。何とか抜け出そうとしたが適わずゴールスプリント。ラスト300mでペースが緩んだところで一瞬抜け出したけど、しっかりとマークされて終了。
  16kmポイントレースは、1歳上の元学連チャンピオンに完敗。力の差がずいぶんあったので、向こうの辛そうな時を見計らって集団から飛び出してみた。後ろとの差は開いてそこそ逃げたが、脚がもたず&集団のペース上げられて4周で追いつかれた。その一発で体力が切れて終了。
  
  国体選手には選ばれなかったが、久々にちゃんと「レース」をしたことで、勝負魂みたいなものが蘇ってきた。
  やっぱり、出るだけでは物足りない。何かを狙うため、得るために、レースに出る。/abb.