・myamada

20061221.jpg   組んでから初めてハブ開けた,HB-M564 MTBのフロント.
  これはサスが出始めた頃のモデルで10mmの軸を使っている.
  サスフォークの剛性を上げるっていうフレコミのPARALLAXってヤツ.
  最近はロードでも軸太くし始めたけど,それの極初期のです.
  確かに9mm軸のホイールつけるとダンシングでシューがリムに触るね.
  ハブ開けてオーバーホールって場合には頻繁に調子見てたハブ以外は
  グリスアップしておしまい,ってのは少なく大抵コーンに虫食ってます.
  特にフロントは弱くて虫食い率高し,ジャンクあさって交換するのは面倒.
  つかハブなんか開けない(んーオレ変?),ホイール全体交換(!!!)って人も周りに居ますが...
  10年以上乗りっぱなしだからなー,ウイリーしまくりだし,
  パーツあるかなーって開けたらすげーきれい,びっくり.
  PARALLAX恐るべし,シャフト1mm太くするだけでこんなに違うのね.
  昔ロードの練習ホイールMTBハブで組むとシールも良いし
  超良いって誰か言ってたなー,フロントだけでも試す価値あるかも.
  蛇足だが写真の切手用?ピンセット,ボールつかんだりシール取ったりするのに超便利.