・p!・abebe

  合宿初日。清里の宿舎までちょっと長めの移動。
  いろいろ事件があったけど、abebeの全身痙攣が強烈だった
  
  by p!
  
  津久井道の山伏までの登りは調子が良かったが、最後の清里への20km程の登りにはやられた。
  残り15km程で腓腹筋が攣りだしてそれをカバーしていたから節々がやばかった。
  宿に着いてから、太もも以下の至る所が攣った。食事中に下腕が攣って箸が落ちたのには驚いた。 [abebe]